助手席日記

Category
オートレストラン 鉄剣タロー
さて。 1950年代後半~1970年代前半(昭和30年代~40年代)にかけての高度成長期。 この時代は、日本人の生活や価値観の大きな転換期となりました。 現代では主流の核家族思想。 その根底となる「マイ・ホーム主義」 この言葉が生まれたのは、まさにこの時代。 鉄筋コンクリートの建造に内風呂、水洗トイレ、ダイニングキッチ...
城4
前回の『秋の和歌山 ポルトヨーロッパ紀行』の続きです。 今回もタイトルだけ何だか立派な感じにしてみました。 ということで。 ヨーロッパと言えば、やっぱりお城は外せないないかと思います、多分。 なので一応載せておきます。 そして、お城と言えばライオンの水のみ場(?) 飲めない…。 そして、お城と言えば何だか分からない装飾...
ポルトヨーロッパ看板
この日は和歌山のポルトヨーロッパに行ってまいりました。 ここポルトヨーロッパは1990年代後半、テーマパークブームの後半にリゾート愽とかいうものに合わせて作られたようです。 で、ポルト(porto)とはイタリア語で「港」ということらしいので、ポルトヨーロッパとはさしずめ「ヨーロッパ港」という感じでしょうか。 しかし「ヨ...
昆虫館の駐車場
ある夏の日に行った佐用町のひまわり畑からの帰り道、面白そうな場所に出くわしました。 (って言うか、迷い込んだ感じ?・笑) 雨は止んでいましたが、夕刻の湿った空気とおい茂る木々に囲まれた景色は、何だかしんみりとした雰囲気です。 そしてそこにはポツンと一軒、公民館のような建物があるばかり。 苔むしたレンガの門がイイ感じです...
すみだ水族館
この日は所用で東京に。 時間があったので「スカイツリーに行ってみる?」ってことで、初スカイツリー体験。 相変わらず何の下調べもせずにぶらりと立ち寄ったものですから、こんなトコロに水族館があるのに驚いてしまい、思わず入ってしまいました。 「すみだ水族館」は東京スカイツリータウン・ソラマチの5Fと6Fです。 金魚愛を感じる...
温泉風と月
これ、どこだったかな…。 ときたま、銭湯に行きたくなるんですよ。 ありませんか?そういうこと。 広いお風呂にゆっくり入ればいろんな疲れが吹っ飛びますよね! で、スーパー銭湯も良いのですが、できればかけ流し天然温泉が良いな、と。 多分、これはどこかに遠征した帰りなんだけど…。 風と月っていう温泉。 ああ、静岡の浜松ですっ...
長島の湯 食堂
必ず、と言って良いほど。 関東に出向いた帰りに立ち寄ることにしていた長島温泉。 お気に入り(というか、ココしか行かなかったんだケド)はオートレストラン長島の温泉。 この日もワクワクと立ち寄りました。 が、何だか雰囲気が違ーーう! そう。 ここで引っ張っても意味がないので先に言うと、タイトルの通り、私の『オートレストラン...
レインボーラムネ石切
そう言えば。 イコマ製菓のレインボーラムネ。 知っている人は良く知っている、知らない人にも是非、知ってもらいたいのがレインボーラムネ。 生駒市のふるさと納税の参加商品(?)としても話題になっていた、イコマ製菓のレインボーラムネ。 入手困難なので幻のラムネとまで言われているようです。 余談ですが。 イコマ製菓って私の実家...
鳥
ところで。 いつもガソリンスタンドで遭遇する確率が非常に高いこの鳥。 気になって気になって仕方がなかったので、「ないだろな~」って思いながら『ガソリンスタンドにいる鳥』で検索したら、あった(笑)。 「ハクセキレイ」という名の鳥らしい。 満足。 ってことで。 何か所かで、チョロリチョロリとおやつを買いながら食べながらの道...
銀貨
この日は兵庫県朝来市の「生野銀山」へ、やってまいりました。 一日中あいにくの雨模様でしたが、銀山観光を思う存分満喫できて気分は晴れ晴れ! その様子は コチラ⇒『生野銀山 GIZAN BOYS☆1day diary(銀男体験記)』 か コチラ⇒『生野銀山の歩き方』 か コチラ⇒『生野銀山秋物語』 で、ご覧くださいネ! で...